調査結果(詳細データ)

2.男子/女子

売り手市場と言われつつ、依然厳しい女子

男女別の比較をしてみると、大学4年生の4月後半時点の内々定者の割合は、男子が32.2%であるのに対し、女子は22.5%にとどまり、9.6ポイントの開きがあることが分かった。(参考データ②
しかしながら、就職活動への取り組み姿勢を男女で比較してみたところ、『活動開始時期』に関して、男子学生は大学3年生の12月末までの就職活動開始者が62.2%であったのに対し、女子学生では66.2%となっており、女子の方が早めに就職活動を開始している割合が高い。(図3
また、『大学にある各支援への参加経験』に関して聞いた結果では、大学に設置されている14支援中、10支援に関して女子が男子を上回る参加経験であり、女子の真面目な取り組み姿勢がうかがえる。このことからも、男子に比べ頑張ってはいるものの“報われていない女子”という印象が否めない。(図4

図3:男女別活動時期 ※集計対象は4年制大学生のデータ

男女別活動時期

図4:大学にある各支援への参加経験

大学にある各支援への参加経験

図5:就職活動の不安・悩み ※自由回答をアフターコーディングにより数値化

就職活動の不安・悩み